日本で食べよう「蘭州ラーメン」6店舗一挙に紹介!

日本で食べよう「蘭州ラーメン」6店舗一挙に紹介!

2月26日に放映されたドキュメンタリー番組『未来世紀ジパング』(テレビ東京系)では、『中国異変! マラソン、蘭州ラーメン……ブームに隠れた野望※』と銘打って、スポーツシューズ、蘭州ラーメン、電気自動車など、中国における経済トレンドが特集された。

(※リンク先はTVerで2018/3/6まで閲覧可能)

番組中では中国蘭州発の伝統と特色のある蘭州ラーメン(蘭州牛肉麺)の店で、昨年、東京・神保町に海外第一号店をオープンした『馬子禄(マーズールー)』のほか、3,000店舗以上の蘭州牛肉麺店がひしめく回族の街・蘭州の様子、一帯一路とともに海外進出を目指す蘭州ラーメン協会が紹介された。

この放映を見て、蘭州牛肉麺に興味をもった視聴者も多いことであろう。今回は、日本で食べられる蘭州牛肉麺の取扱店を、6店舗紹介する。

独特の食感を持つ手延べ麺、牛骨と薬膳からなる澄み渡ったスープ、スパイシーな香りを引き立てるラージャオ、贅沢に乗せられた牛肉、大根、そして香菜のハーモニーを一度味わえば、すっかり病みつきになることだろう。

 

極蘭州拉麺【東京 池袋】

「蘭州拉麺」極 蘭州拉麺

日本に現存する蘭州牛肉麺店としては最も古いと見られる。蘭州出身の気さくなシェフが営むこの店は、蘭州牛肉麺だけでなく、上海料理も楽しむことができる。

蘭州拉麺店 火焔山【東京 池袋】

「蘭州牛肉麺」火焰山

西川口にあったウイグル料理店の系列店とみられる、2017年に開店した蘭州牛肉麺店。コシのある麺に特色があり、蘭州牛肉麺のほかにもウイグル流の肉厚な羊肉串を楽しむことができる。

 

馬子禄(マーズールー)【東京 神保町】

「蘭州牛肉麺」馬子禄

前述のとおり、蘭州で大人気の蘭州牛肉麺店が、海外進出第一号店として開店した記念すべき店舗。開店直後から様々なメディアに取り上げられ、2017年蘭州牛肉麺ブームの火付け役と言えるだろう。老板はなんと日本人!

 

ザムザムの泉【埼玉 西川口】

「牛大(蘭州牛肉麺)セット」 ザムザムの泉

近年中国系の商店や料理店が多数出店する“新チャイナタウン”として、テレビ番組『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)にも取り上げられたこともある西川口に2017年出店した蘭州牛肉麺店。蘭州出身の老板が家族で営む、実家のような安心感のある店で、2018年2月現在は蘭州牛肉麺のみの取扱だが、今後は蘭州の郷土料理を広く扱っていく予定であるとのこと。様々な麺の太さを楽しめ、ついついリピートしたくなってしまう。

 

東珍味小籠包【横浜 中華街】

「蘭州拉麺」東珍味小籠包

蘭州牛肉麺がじわじわと話題になっている最中、2017年に横浜中華街に突如現れた蘭州牛肉麺店。ウイグル料理のビャンビャン麺も扱っており、広東料理店が多い横浜中華街では西方の味わいを楽しめる貴重な店だ。

 

大秦【大阪 日本橋】

(画像募集中)

筆者未訪問であるが、牛骨ラーメンと称する実質上の蘭州牛肉麺を扱っている中華料理店。関西では数少ない蘭州牛肉麺の食べられる店として注目が集まっている。


今後は、上記に紹介した蘭州牛肉麺店のほかにも、蘭州牛肉麺を提供する店は増えていくことが予想される。(実際に、先に紹介した未来世紀ジパングでは、蘭州で800店舗を展開するフランチャイズチェーン『思泊湖』の横浜進出が示唆されていた)

この他にも日本国内で蘭州牛肉麺を扱う料理店を見かけたら、編集部@fd_a_まで一報頂けたら大変嬉しい。

 

★「本格中華」を楽しもう!? 中国人街kaeriガイド『毛友録 Vol.2』

今回紹介した蘭州牛肉麺店6店舗の詳細レポートのほか、“kaeri”を楽しめるスポットを40ページで多数収録。

日本にいながらにして中国を楽しみたい皆様の熱い立即購買をお待ちします!

 

『毛友録 Vol.2』Vol.2
『毛友録 Vol.2』(帰の国屋)購入ページ(BOOTH)

【ついでに読みたい】

日本のオタクたちがカメラを携え大挙して押し寄せてきた!?|2016年北朝鮮旅行#01

★ 規制に強い「Shadowsocks」にも対応 壁超えおすすめVPNサービス(PR)

★ 大阪日本橋の❝爆買い拠点❞に広がる「リトル中国」

★ 【VR平壌】美人ガイドさんと北朝鮮旅行を「VR体験」する動画がスゴイ

中国カテゴリの最新記事