ネットも便利!中国鉄道「きっぷ購入法と小ワザ」徹底解説│連載「中国鉄道旅行ガイド」Vol.2

ネットも便利!中国鉄道「きっぷ購入法と小ワザ」徹底解説│連載「中国鉄道旅行ガイド」Vol.2
ふどあ(編集長)
ふどあ(編集長)
中国鉄道時刻研究会が寄稿する特集:「中国鉄道旅行ガイド」で10万kmを乗りこなす第二弾。第一弾の記事では、どんな列車や座席・寝台が中国で乗れるのかを扱ってきました。今回は、きっぷ購入をテーマに、中国鉄道を乗りこなすノウハウをお伝えします。

しかし、巨大な中国大陸、どこから上陸してどこからどこまで鉄道旅行を楽しむか、戸惑いますよね。同研究会が作成した路線図を眺めて、イメージを膨らませてから旅程を決めていくのが良いでしょう。 

中国鉄道路線図(2018年10月時点)※クリックでPDF版ダウンロードページへ

おすすめ列車

旅行客にお勧めなのは次の類型の列車である。

①電車列車(高鉄・動車)

本数が多く、スピードも速いので、都市間移動に最適である。日本よりも運行距離が長いのが特徴で、日帰り圏だけでなく長距離の移動手段でもある。1500km を超える区間でも1 本の電車列車で移動できることが多い。電車列車の時刻は「中国鉄道時刻表」において太字で記載している。

②夜行寝台列車

電車列車の乗車時間が6,7 時間を超えてくると、夜行列車に乗った方が、時間効率が良いという場合もある。そうした需要から、電車列車が全国に普及した現在でも、中国全土で夜行列車が多数運転されている。中国では日付をまたぐ客車列車はほとんどすべて寝台車を連結しているので、宿代を浮かせつつ日中の時間をフル活用する夜行寝台列車の旅が気軽にできる。

③夜行寝台電車列車

電車列車と夜行寝台列車の各々の利点を掛け合わせた夢のような列車が登場している。在来線夜行列車だと所要時間が12 時間を超えてしまい夜発・朝着のダイヤが組めない長距離区間において、寝台を備えた電車列車を走らせることによって夜発・朝着を実現したものである。本時刻表で寝台マークSleeper を付している。主な運転区間は次の通り。

北京- 上海、北京- 広州・深圳、上海- 深圳・広州、北京- 昆明、上海- 西安。

【列車・種別の詳細を知る】Vol.1 どの列車に乗ろう?中国鉄道「列車・座席/寝台」の種類を紹介

事前知識

きっぷは買いにくい?

近年、新線が大量に開業し、列車本数が大幅に増えたことから、需給ギャップは急速に解消しており、繁忙期を除けば、多くの区間は比較的容易にきっぷを入手することができる。中国の鉄道きっぷは入手しにくいという長年の「常識」もあるが、いまは残席が全世界に向けて公開されているので、まずは12306サイト(中国国鉄のきっぷ予約サイト)を開いて実際の混み具合を確かめてほしい。

12306サイト上できっぷの残数などを参照する方法は、下記の図を参考にすると良い。

12306サイトの操作方法図解(クリックで拡大)

きっぷは原則全席指定

中国国鉄は原則として全席指定である。満席の際は、無座と呼ばれる立ち席券を、数を限って発売するが、これも乗車列車は指定される。

乗車列車を指定して発売するので、きっぷは、システムが必要な料金を自動的に取りまとめて1 枚で発券される。日本で乗車券と特急券を別々に買うのに比べると、この点では、係員と旅客の双方にわかりやすいといえる。

とはいえ、運賃と一部の料金は乗車列車の下車駅から先の最終目的地まで通算させることができ、こうしたきっぷの買い方もある(通票)。この場合も最初の乗車列車を指定して発券し、それ以後の乗り換え列車もその都度指定が必要である。

転売防止のため実名制

輸送力が長年不足していた中国国鉄ではきっぷの転売が横行しており、これを根本から防止するために、2012 年から全国的にきっぷが実名制となった。購入時にあらかじめ身分証明書類の情報を入力・印字し、乗車時には旅客・きっぷ・身分証明書類の三者が一致していることが駅入り口でチェックされるというものである。入力・印字する情報が誤っていると乗車できなくなってしまうので、入力内容はよく確認したい。

発券システムはオンライン化されている

発券システムはオンライン化が完了しており、任意の発駅・列車のきっぷをどこでも買うことができる。また、きっぷの在庫へのアクセスは全国どの窓口でもインターネット予約サイトでも平等であり、買う場所・手段による差別は無い(インターネット予約の方が発売日が2 日早いという差はある)。

きっぷが買いにくい繁忙期

(1)春節(旧正月、2019 年は2 月5 日)の前15 日間と後25 日間、(2)夏休み学生の帰校ラッシュ(8 月下旬)、(3)国慶節休暇(10 月1 日)から1週間は最繁忙期となる。このほか2、3 連休として、清明節(2019 年4 月5 日~7 日)、メーデー(2019 年4 月30 日~5 月1 日)、端午節(2019年6 月7 日~ 9 日)、中秋節(2019 年9 月13 日~15 日)があり、近場の観光地を結ぶ区間を中心に混雑する。

座席・寝台の発売開始の仕方

乗車駅発車29 日前から発売が始まり、発売開始時刻は乗車駅によって異なる(12306サイトの予約システムで各駅の発売開始時刻が検索できる)。長距離列車の短距離利用によるロスを防ぐために、短距離のきっぷは乗車日が近づいてから放出される場合がある。あらかじめ12306サイトで乗車日を変えて検索し、発売開始のトレンドを把握しておくとよい。

きっぷの買い方

まず,日本にいる間に,乗車予定区間の混み具合を12306サイトで調べておきたい。もしも,そこまで混み合っていないなら,中国入国後に駅等の窓口で買うのがシンプルである。逆に,到着後の購入では席が無さそうであれば,オンライン予約を試すことになる。

窓口で購入する

きっぷを買う窓口には,駅窓口と街頭窓口とがある。本時刻表の路線図に載っている駅は,旅客乗降所・信号場を除けば,すべてきっぷ売り場が設置されている。これら窓口はオンライン化されており,全国の任意の駅を発駅とするきっぷが買える。なお、これまでは他都市発のきっぷの購入には1 枚5 元の手数料を要したが、2017 年からこの手数料は廃止されており、他都市発のきっぷの購入は当地発のそれとなんら区別が無くなった。

中国語が話せなくても,乗車日・発駅・着駅・希望列車の列車番号・座席・寝台の種類・枚数を記したメモを渡せばよい。「中国鉄道時刻表」の482ページに、きっぷ購入メモを収録しているので活用していただきたい。

もちろん,「一番早い石家荘行きの列車,硬座1 枚」といったように,具体的な乗車列車の希望を出さずに購入することもできる。身分証明書番号の入力があるので,パスポートの呈示も忘れずに。

中国鉄道時刻研究会
中国鉄道時刻研究会

【温かいお知らせ】中国鉄道時刻表482ページに掲載のきっぷ購入メモを大公開!

係員の入力コマンドが記載されているので操作がスムーズ! 窓側・通路側の指定等もできる、万能用紙です。

きっぷ購入メモダウンロードはこちら

支払いは現金が使える。機器設置窓口においては、銀聯カードやアリペイ(支付宝)、WeChat ペイ(微信支付)での支払いもできるが、海外クレジットカードでの支払いはできない。

12306サイトには街頭窓口の一覧が掲載されているので活用していただきたい。

【参考リンク】
※ 残席検索ページ – 12306.cn
街頭窓口一覧表 – 12306.cn

中国語で街頭窓口を検索する時のキーワードは「火车票代售处(ピンイン:huŏ chē piào dài shòu chŭ)」である。

自動券売機で購入する

自動券売機

自動券売機は残念ながら身分証明書類として「二代居民身分証」しか使えず、外国人は購入手続きに進めない。ただし、空席検索端末としてはおおいに使えるので、窓口に並ぶ前に活用したい。

一部大駅ではパスポートを読み込める自動券売機も導入され始めており、これは外国人でもきっぷを購入することができる。

自動きっぷ受け取り機

インターネットで購入する

中国国内の携帯番号と銀聯カードまたはアリペイ、WeChat ペイを持っていれば、12306サイトまたは12306携帯アプリの案内に従って非常に快適にきっぷを購入することができる。中国国外でも購入操作が可能である。購入後は乗車当日までに駅窓口でパスポートと予約番号を呈示してきっぷを受け取る。

日本からインターネットで購入する

いくつかの旅行会社がオンラインでの購入サービスを提供しているが、最も利用者が多いとみられるのがTrip.comの列車予約サービスだ。12306サイトと非公式とみられるが接続されており、リアルタイムの残席を見ながら、クレジットカードを用いてきっぷを購入できる。

予約手数料は20 元で、購入後は中国入国後・乗車当日までに駅窓口でパスポートと予約番号を呈示してきっぷを受け取る。さらに料金を追加することで滞在先ホテルへ配送することもできる。

駅窓口。駅に到着したら「售票口」を目指そう。

 

乗りたい列車が満席のときは…

満席の列車でも、短距離だと空席がある場合がある。この場合、短距離できっぷを買っておき、車内で乗り越し精算することで目的地へ向かうことが可能である。乗り越し区間は立ち席となる。

マイナーな地点間を結ぶ列車は空いていることが多いので、別の列車と組み合わせて利用すると繁忙期でも移動できることが多い。

立ち席券(無座)しか手に入らなかった場合でも、必ず席が無いわけではない。列車によっては駅への割り当てなど様々な背景で実際には席を売り切っていないこともあるし、同じ理由で寝台が余っており、車内で格上げできる場合もある。いずれも列車によるし、早い者勝ちなので安易な期待は禁物である。

車内で使用されている発券機

乗り換えについて

中国では多種多様な経路・区間の列車が走っているとはいえ、行先や時間によっては乗り換えを要する行程を組むこともあるだろう。

乗り換えでお勧めしたい方法は、乗る予定のすべての列車のきっぷ(直達票)を乗換駅で区切って、あらかじめ買っておくものである。

2017 年10 月から、それまで他地域発のきっぷを買ったり引き換えたりする場合に収受していた5 元の手数料が必要なくなったので、全行程のきっぷをあらかじめ確保しておくことを妨げる要因が一切なくなった。

中国国鉄では2016 年から乗り換えを駅の業務として改めて位置付けたので、主要駅では、次の乗車列車のきっぷを所持している場合に、駅を出ずに待合室に入れてくれる運用が行われている。「快捷換乘」の表示に従ってすすむか、きっぷを見せて係員に尋ねたい。この運用は、紙のきっぷを所持している場合に限られ、ネット予約の画面だけでは対象とならない。したがって、きっぷはあらかじめすべて購入または受け取って、手元にそろえておくことを推奨する。

規則上は、通しのきっぷ(通票)という手段も存在するが、発券に時間がかかるうえ、乗換駅でしか次の列車の指定ができず、時間をロスしがちで行程も不確定になってしまう。通算されるのは普通客車相当の客票と加快票だけなのでメリットにも乏しい。もはや趣味的要素しかなく、実用で使うことは無いだろう。

乗り換えに必要な時間は一般に15 分は見ておきたい。

列車の遅れ

乗り換えを考える際などに気になるのが列車の遅れだが、電車列車については平常時はあまり遅れることは無い。客車列車もかなり正確に運転は行われているが、時折遅延が発生するので、代替の効かない乗り換えや帰国のフライトへの接続は余裕を持ちたい。

列車の遅れによる不接続

列車遅延により乗り換えができなくなった場合は、以降のきっぷについて、無手数料で払いもどしてくれるか、他の列車を案内してくれる。この場合、格上げは追加料金無し、格下げは差額払いもどし(無手数料)となる。単なる指定変更(改簽)で済ませようとする駅もあるが、それではこの優遇取り扱いとならないので不適切である。具体的には、遅延した列車のきっぷを乗換駅の出札窓口(値班主任窓口が良い)に呈示し、以降のきっぷについて対応を求める。遅延状況は駅で共有されており、下車前に列車から証明を受ける必要はない。

中国鉄道時刻研究会では、遅延による不接続の際に駅に対応を求めるためのメモを作成した。乗り換え前と後の2枚のきっぷとともに窓口に提出するとよいだろう。

车站值班主任你好!

因前程所乘坐列车晚点导致无法乘坐后程接续列车。请按章处理。
请不要直接改签,耗掉我们一次改签的机会,且需要补价。
请按章重新安排!谢谢

客规第三十六条 因承运人责任使旅客不能按票面记载的日期、车次、座别、铺别乘车时,站、车应重新妥善安排。重新安排的列车、座席、铺位高于原票等级时,超过部分票价不予补收。低于原票等级时,应退还票价差额,不收退票费。

ふどあ(編集長)
ふどあ(編集長)
この規則が現場で知られてないことがあったり、中国語の問題でこの規則を利用したいと伝えるのが難しかったりするので、めちゃくちゃ実用的ですね……!(焦ってると言葉が出にくかったりするので)

旅客営業の主なきまり

「中国鉄道時刻表」の巻末430ページから完全版の「中国国鉄の営業案内」を掲載しているが、ここでは基本的項目をごく簡単に紹介する。払い戻し手数料など具体的な事項は「中国鉄道時刻表」をご覧いただきたい。

きっぷの変更

発車までに1 回だけ指定変更が可能である(乗車都市・降車都市は変えられない)。発車48 時間前までなら降車都市も変更できる。発車48時間前以降は、乗車日をもとの乗車日の次の日以降にする変更はできなくなる。
差額が返金される場合は、手数料が差し引かれる。

きっぷの払い戻し

発車までに払い戻すことができる。カード等で購入したきっぷの場合、払い戻し金額は購入時に使用したカード等に返金される。手数料が差し引かれる。

途中駅からの乗車

券面の途中駅から指定列車に乗車することは可能である。未乗区間は払いもどされない。

途中下車

通票以外は下車前途無効である。単に途中駅で下車・出場することは可能だが、きっぷの残りの区間は無効となるということである。

乗り越し

最遠で乗車中の列車の終点駅までに限って乗り越しが可能である。区間運賃・料金の収受となり、寝台では起算キロの関係でかなり高くなるので注意されたい(乗り越し区間は硬座にしてもらうのが良い)。

座席・寝台の変更

乗車後でも、空席がある場合に差額を支払うことで上級の座席・寝台に変更できる。乗車列車の列車長に申し出る。下級に変更することも規則上は可能だが、差額は払い戻されない。

乗り遅れた場合

乗り遅れた場合でも同じ区間を走る当日中の後続列車に空席がある場合に変更することができる。長距離列車では後続列車が存在しないこともあるし、すでに変更したきっぷはこの取り扱いの対象外となるため、やはり乗り遅れないに越したことはない。

ふどあ(編集長)
ふどあ(編集長)

この規則は覚えておくととても便利です。旅客都合で乗り遅れた列車の振替が無料で出来る鉄道は珍しいですよね。ただし当日の後続列車に空席がないパターンが少なくない(杭州→上海のような中距離の都市間移動は特に…)ので、要注意です。

きっぷを紛失した場合

きっぷを紛失した場合でも再発行が可能である。詳しくは中国国鉄の営業案内(「中国鉄道時刻表」438ページ)をご覧いただきたい。

手小荷物

本時刻表で駅名冒頭の記号が無印またはG のみの駅では、手小荷物を取り扱っている。

運賃のしくみ

2007 年に運転を開始した電車列車は新しい運賃のしくみを導入しているが、それ以前から走っている客車列車に関しては、いまなお、対キロ制の運賃・料金を必要に応じて積み立てる方式をとっており、日本の運賃制度とよく似ている。

たとえば客車列車で新空調の普快の硬臥に乗車する場合は、硬座運賃、普快料金、硬臥料金、空調料金が必要となり、さらにそれぞれ新空調の割り増し料率をかける、というように計算する。遠距離運賃は6 段階にわたって最大50%まで逓減するので、長距離移動が優遇されている。その代わり、短距離は道路交通に移譲する政策をとっていることから、各運賃・料金の起算キロ程が高く、短距離では割高になる。

客車列車の運賃・料金は1995 年から値上げされておらず、総体的に見れば極めて安価である。

電車列車も、二等座運賃でみると並行する高速バスより安いことが多く、決して高価ではない。ただし、電車列車の運賃は遠距離逓減をほとんどしないので、長距離になると割高感が増し、空の便の割引チケットとあまり変わらなくなることもある。

運賃・料金の一例 北京西~西安(北)を例に(クリックで拡大)
ふどあ(編集長)
ふどあ(編集長)

中国の鉄道きっぷの購入は一見敷居が高いようですが、何度か購入しているうちに逆に便利に感じるようになったりします(経験談)。この記事を参考にすれば、中国での移動の自由度がかなり高まること間違いなしです。

まずは路線図と時刻表を眺めながら12306サイトで列車を探してみると、乗ってみたい列車が見つかるかも!?

■中国鉄道時刻研究会「中国鉄道時刻表」のご案内


中国の時刻表は列車単位で記載されていて、乗り換えを計画することが難しい形式になっています。日本の鉄道時刻表のように、路線ごとに時刻表が掲載されていればいいのに……という日本の鉄道旅行愛好家に、「中国鉄道時刻表」がピッタリです!

列車の接続が一目瞭然!

「中国鉄道旅行ガイド」も収録されており、自由自在で楽しい鉄道旅行のお供として必携の一冊。編集長もこの時刻表が手放せません。購入はこちら!

ふどあ(編集長)
ふどあ(編集長)

【温かいお知らせ】中国在住の方を対象に、「中国鉄道時刻表」最新刊の代理販売をkaeritai.asia編集長のふどあが行なっています。希望の方はTwitter:@fd_a_までメッセージ下さい! 大陸のどこへでも配送できます。香港・マカオも配送費が少しかかりますが、対応できます。※在庫なくなり次第終了

【目次】「中国鉄道旅行ガイド」で10万kmを乗りこなす

「中国鉄道旅行ガイド」で10万kmを乗りこなす(連載トップページ)

Vol.1 どの列車に乗ろう?中国鉄道「列車・座席/寝台」の種類を紹介

Vol.2 ネットも便利!中国鉄道「きっぷ購入法と小ワザ」徹底解説

Vol.3 中国鉄道でどう過ごす?乗車から車内の過ごし方アレコレ

◆ Vol.4 中国の鉄道は本当に安全?データに基づくファクトチェック

◆ 当連載は、中国時刻研究会より「中国鉄道旅行ガイド」の本文および各種画像の提供を受け、kaeritai.asiaがWeb記事として編集を施したものです。

画像提供:中国鉄道時刻研究会

【ついでに読みたい】

「中国鉄道旅行ガイド」で10万kmを乗りこなす【連載】

★ 規制に強い「Shadowsocks」にも対応 壁超えおすすめVPNサービス(PR)

日本のオタクたちがカメラを携え大挙して押し寄せてきた!?|2016年北朝鮮旅行#01

【中国語学習小ワザ】ピンイン付き単語帳を「スプレッドシート」で自動作成!? Google翻訳関数とアドイン「Hanyu Pinyin」活用術

★ 大阪日本橋の❝爆買い拠点❞に広がる「リトル中国」

 

94カ国のサーバー選び放題VPNサービス

 

中国カテゴリの最新記事